ブスのパパ活は、大成功に終わりました。
緊急事態宣言(2020年)で、仕事もなくしステイホームだった私。
収入に困っていたのですが、友人の有香から教えて貰ったパパ活アプリを利用。
Jメールも、PCMAXも、ワクワクメールも見事な結果を残せました。
ちょうどコロナ禍で、会わないパパ活が流行していたこともプラスに働いたのかもしれません。
パパたちも、感染のリスクがあるため、待ち合わせはしなかったのです。
そのため、オンライン上での関係を求めていました。
PCMAXを皮切りに、ワクワクメールの中でも、Jメールの中でも出会いに恵まれました。
単発の男性を含めると、最高収入金額が20万円近くでした。
コロナ禍の自粛生活を乗り切るだけの収入が得られました。

 

 コロナ感染者の数も多くなくなり、平穏な日々の忙しい暮らしが戻ってきました。
本来の私の仕事も復活。
オンラインで関係を作っていたパパたちとは、その多くが関係を終わってしまいました。
最初に知り合った40代後半の男性とは、感染が落ち着いた頃に食事デートに誘ってもらえました。
実際に待ち合わせをした時、4万円ほどの収入を頂けました。
以降、仕事にパパとのデートに精を出し、裕福な生活を手に入れられました。

 

 昨年の11月頃から、またもコロナの感染者が増え出しました。
ついに緊急事態宣言も部分的ですが出されました。
再び、収入が途絶える可能性も見えてきました。
それでも私は、堂々としていられます。
アプリを使うことで、会わないパパ活をしてお小遣いをくれる男性探しが出来るのです。
パパ活アプリの中には、私の足長おじさんになってくれる男性との出会いが待ちうけているのです。
さらに強烈なコロナの感染拡大があったとしても、時短営業や休業になったとしても、きっと生活を安定させられる自信があるんです。
会わないパパ活をしてパパ活アプリを使ってお小遣い稼ぎをする、そうすることでパパとの出会いが待ち受けているのですから。

おすすめ定番アプリ登録無料

お金を助けてくれる人を探すならコレ!!

ページの先頭へ戻る